WISENET AI
(Artificial Intelligence)

優れたAIセキュリティ
ソリューション

昨今、AI技術が業界全体で幅広く利用されるようになり、これからのビデオ監視においても、より広く活用されることが考えられます。 我々のエッジベースのAI(カメラでローカルにデータをフィルタリングおよび処理する)は、ユビキタスになり、優れたAIテクノロジーを実現しました。
今日のセキュリティカメラは、収集した情報をサーバーへ送信して分析することが多くありますが、エッジベースのAIでは情報をカメラによって分析した後に、サーバーへ効率よく送信されるので、大量の情報をサーバーへ転送する負担を軽減することができます。これにより、情報の分析に必要なサーバーのコスト削減も可能です。

  • ・誤報を減らすことで、監視の精度を向上
  • ・対象物の属性を分類
  • ・ストレージと帯域幅を最小限に抑える「ベストショット機能」
  • ・「Wisenet SSM」によるAIスマート検索
  • ・VMSとのインテグレーション

誤報を減らすことで、
イベント監視の精度を向上

監視エリアの拡大に伴って、カメラ台数が増えると、従来のカメラのピクセルの変化に基づく検出機能では、非常に多くのイベントが生成されるため、オペレーターが処理できない量の情報が発生する場合があります。
オペレーターがそれらの確認に大きな負担となると、本来、優先すべき作業が遅れる可能性があります。
そこで、Wisenet PシリーズAIカメラのAIアルゴリズムを用いると、それらのオペレーターの作業効率を劇的に向上させることができます。

対象物の属性を分類

Wisenet PシリーズAIカメラは、「人物」「顔」「乗り物」「ナンバープレート」などのカテゴリに分類します。
さらに、我々のAIアルゴリズムは、対象物の様々な属性を迅速に識別します。例えば、人物を認識して服の色を検出します。また、眼鏡をかけているのか、バックを持っているのか等も検出できます。
これらの属性は、キャプチャされた画像と一緒にメタデータとして保存されます。

ストレージと帯域幅を最小限に
抑える「ベストショット機能」

Wisenet PシリーズAIカメラには、対象物の識別に最も適切な画像をステージサーバへ送信する「ベストショット機能」が搭載されています。ベストショット画像は、タグ付けされた属性メタデータとともに、最大4Kの画質でトリミングできます。

「Wisenet SSM」による
AIスマート検索

Wisenet PシリーズAIカメラはWisenet SSMビデオ管理ソフトウェア(VMS)でサポートされており、オペレーターは、VMSを利用して記録されたメタデータを活用することにより、検索作業を効率よく行うことができます。

VMSとのインテグレーション

Wisenet PシリーズのAIカメラは以下のVMSとのインテグレーションが行われています。
Hanwhaプラグインを利用してMilestone、Genetecの2つを、Wisenet SSMにて、AIカメラのイベント検索を利用することが可能です。

対応製品
  • ・Milestone 2019 R3 もしくはそれ以上のバージョン、Milestone Expert もしくはCoprporateバージョン
  • ・Genetec
  • ・Wisenet SSM

※Milestone製品、Genetec製品とのインテグレーションは2020年度中を予定しております。