ハンファグループについて

ハンファーグループの拠点マップ

258の海外ネットワーク

1952年創業のハンファは、「製造・建設」「金融」「サービス・レジャー」の3つの主要分野において、韓国内系列会社61社と258のグローバルネットワークをもつ、韓国トップ10企業の1つです。世界各地の系列企業との統合により、持続可能性のパワーを成長エンジンとし、さらなる価値をお客様にお届けするため、たゆまぬ成長を続けます。

258の海外ネットワーク

1952年創業のハンファは、「製造・建設」「金融」「サービス・レジャー」の3つの主要分野において、韓国内系列会社61社と258のグローバルネットワークをもつ、韓国トップ10企業の1つです。世界各地の系列企業との統合により、持続可能性のパワーを成長エンジンとし、さらなる価値をお客様にお届けするため、たゆまぬ成長を続けます。

ハンファーグループの拠点マップ

1952年創業の信頼性

「信頼と誠実」は、ハンファが長年の歴史を通して変わらず守ってきた「ハンファ精神」です・そして、今日顧客をはじめとするすべてのステークホルダーに伝えるビジョン「Quality Growth 2020」を実現する重要なキーでもあります。次世代のためさらなる価値を夢見ながら。挑戦と変化を恐れず、ハンファは果敢に前進し続けます。

1952年創業の信頼性

「信頼と誠実」は、ハンファが長年の歴史を通して変わらず守ってきた「ハンファ精神」です・そして、今日顧客をはじめとするすべてのステークホルダーに伝えるビジョン「Quality Growth 2020」を実現する重要なキーでもあります。次世代のためさらなる価値を夢見ながら。挑戦と変化を恐れず、ハンファは果敢に前進し続けます。

創業期1952-1963
1952年韓国火薬株式会社(現、株式会社ハンファ)を設立。
飛躍期1996-2006
1997年の金融危機を乗り越えさらなる大きな一歩を踏み出す。
グローバル成長期2007-現在
2000年代後半より事業の多角化とグローバルネットワークを基盤に海外市場の進出を加速化。

総売り上げ約6.3兆円

2016年ハンファグループは全世界で約6.3兆円の総売り上げに達しました。総資産では韓国国内でTOP8にランクイン。さらに世界最大の英文ビジネス誌「フォーチュン・グローバル500」2018年度版では4年連続でランクアップし、244位に選定されました。

総売り上げ約6.3兆円

2016年ハンファグループは全世界で約6.3兆円の総売り上げに達しました。総資産では韓国国内でTOP8にランクイン。さらに世界最大の英文ビジネス誌「フォーチュン・グローバル500」2018年度版では4年連続でランクアップし、244位に選定されました。

TOP5
2016年
純利益ベース
韓国国内TOP5

6.3兆円
2016年
グループ総売上

244
Fortune
Grobal500
2018年度版

ハンファ テックウィンについて

ハンファ テックウィンのロゴマーク

1991年にサムスンエアロスペース社としてセキュリティで座椅子事業を開始し、その後社名を変更したサムソンテックウィン社を2014年にハンファが買収し、経営統合。ハンファテックウィン社としてセキュリティ事業をスタート。現在、世界25箇所に営業拠点を持ち、102カ国、取引先900社、パートナー企業約5,000社とともにセキュリティビジネスをグローバル展開しています。

世界最高の高額設計/製造技術と映像処理技術

ハンファテックウィンは、1991年に初めて監視用カメラを発売して以来25年間、ビデオ監視事業に集中し、世界最高の高額設計/製造技術と映像処理技術をベースに、監視カメラ、記憶装置はもちろん、統合管制ソフトウェアやインテリジェントビデオ解析ソフトウェアまで、ビデオ監視(CCYV)部門のフルラインナップを構築し、国内シェア1位に満足せず、積極的に海外市場に進出しています。
※日本国内では、セキュリティソリューション「Wisenet(ワイズネット)」というブランド名で展開しています。

ハンファーグループの沿革

1952 ~ 1963

創業期

火薬産業で戦後の国家再建と社会発展をめざし韓国火薬を創立

1955年

朝鮮油脂のインチョン化学工場買収

朝鮮油脂のインチョン化学工場買収

1952年

金鐘喜(キム・ジョンヒ)が韓国火薬を設立

金鐘喜(キム・ジョンヒ)が韓国火薬を設立

1952年

金鐘喜(キム・ジョンヒ)が韓国火薬を設立

金鐘喜(キム・ジョンヒ)が韓国火薬を設立

1955年

朝鮮油脂のインチョン化学工場買収

朝鮮油脂のインチョン化学工場買収

1964 ~ 1980

成長期

爆薬製造からその他一般製造にいたるまで着実にビジネスを拡大

1969年

京仁エネルギーを設立
(現ハンファエナジー)

京仁エネルギーを設立(現ハンファエナジー)

1965年

韓国ファソン産業を設立
(現ハンファケミカルおよびハンファ先端素材)

韓国ファソン産業を設立(現ハンファケミカルおよびハンファ先端素材)

1976年

成都証券を買収
(現ハンファ投資証券)

成都証券を買収(現ハンファ投資証券)

1965年

韓国ファソン産業を設立
(現ハンファケミカルおよびハンファ先端素材)

韓国ファソン産業を設立(現ハンファケミカルおよびハンファ先端素材)

1969年

京仁エネルギーを設立
(現ハンファエナジー)

京仁エネルギーを設立(現ハンファエナジー)

1976年

成都証券を買収
(現ハンファ投資証券)

成都証券を買収(現ハンファ投資証券)

1981 ~ 1995

第2の創業期

事業の戦略的多角化を図るため、化学、レジャー、小売の分野に参入。ビジネスポートフォリオを大幅に拡大

1982年

ハンヤンケミカルとダウケミカルコリアを買収
(現ハンファケミカル)

ハンヤンケミカルとダウケミカルコリアを買収(現ハンファケミカル)

1986年

ハンヤンストアを買収
(現ハンファギャラリア)

ハンヤンストアを買収(現ハンファギャラリア)

1981年

金昇淵(キム・スンヨン)が、ハンファの代表取締役に就任

金昇淵(キム・スンヨン)が、ハンファの代表取締役に就任

1985年

ジョンアグループを買収
(現ハンファホテル&リゾート)

ジョンアグループを買収(現ハンファホテル&リゾート)

1992年

韓国火薬グループからハンファグループへ社名変更

韓国火薬グループからハンファグループへ社名変更

1981年

金昇淵(キム・スンヨン)が、ハンファの代表取締役に就任

金昇淵(キム・スンヨン)が、ハンファの代表取締役に就任

1982年

ハンヤンケミカルとダウケミカルコリアを買収
(現ハンファケミカル)

ハンヤンケミカルとダウケミカルコリアを買収(現ハンファケミカル)

1985年

ジョンアグループを買収
(現ハンファホテル&リゾート)

ジョンアグループを買収(現ハンファホテル&リゾート)

1986年

ハンヤンストアを買収
(現ハンファギャラリア)

ハンヤンストアを買収(現ハンファギャラリア)

1992年

韓国火薬グループからハンファグループへ社名変更

韓国火薬グループからハンファグループへ社名変更

1996 ~ 2006

飛躍期

保険分野に進出。長期的な成長と金融ネットワークの強化に向け、事業を再構築

2000年

東洋百貨店買収
(現ハンファギャラリアタイムワールド)

東洋百貨店買収(現ハンファギャラリアタイムワールド)

1999年

ヨチョンNCCを設立

ヨチョンNCCを設立

2002年

大韓生命保険会社と新東亜火災海上保険社を買収
(現ハンファ生命及びハンファ損害保険)

大韓生命保険会社と新東亜火災海上保険社を買収(現ハンファ生命及びハンファ損害保険)

1999年

ヨチョンNCCを設立

ヨチョンNCCを設立

2000年

東洋百貨店買収

東洋百貨店買収(現ハンファギャラリアタイムワールド)

2002年

大韓生命保険会社と新東亜火災海上保険社を買収
(現ハンファ生命及びハンファ損害保険)

大韓生命保険会社と新東亜火災海上保険社を買収(現ハンファ生命及びハンファ損害保険)

2007 ~ 現在

グローバル成長期

世界規模での良質な成長を目指し、
太陽エネルギーやバイオテクノロジーなどの新しい成長エンジン分野に参入。
「フォーチュン500」にランクイン。グローバル企業として躍進中。

2007年

ハンファ建設がサウジアラビアの発電所建設プロジェクトを入札

2009年4月

ハンファ生命保険がベトナムに現地法人を設立

2011年2月

中国寧波のハンファケミカル
ポリ塩化ビニル工場が商業向けに操業を開始

2012年5月

ハンファ建設がビスマヤ新都市プロジェクトを入札(80億USドル)

2012年12月

ハンファ生命保険と浙江省インターナショナルビジネス
グループの共同事業である中韓人寿保険が業務を開始

2013年10月

ハンファ生命保険がインドネシアに現地法人を設立

2015年2月

ハンファソーラーワンとハンファQセルズの統合により、ハンファQセルズを設立

2015年5月

サムスン総合化学とサムスントタルを買収、ハンファ総合化学とハンファトタルを設立

2016年6月

ドゥサンDSTを買収合併し、ハンファディフェンス発足

2007年

ハンファが新しいCIを発表

2007年11月

ハンファ先端素材が米国のアズデル(Azdel)社を買収

2010年8月

中国ソーラーファン・パワー・ホールディングス
(現ハンファソーラーワン)社の株式49.99%を取得

2011年6月

ハンファチャイナが業務を開始

2012年10月

ドイツのQセルズ(QCELLS)社の買収により、ハンファQセルズが業務を開始

2013年1月

WEF(世界経済フォーラム)とソーラーパネルの設置契約を締結

2014年9月

ハンファ資産運用が、中国でジョイントベンチャーを設立

2015年3月

ハンファ先端素材が、ドイツの自動車部品メーカーであるハイコスティクス(Heycoustics)社を買収

2015年6月

サムスンテックウィンとサムスンタレスを買収、ハンファテックウィンとハンファシステムを発足

2007年

ハンファが新しいCIを発表

2007年

ハンファ建設がサウジアラビアの発電所建設プロジェクトを入札

2007年11月

ハンファ先端素材が米国のアズデル(Azdel)社を買収

2009年4月

ハンファ生命保険がベトナムに現地法人を設立

2010年8月

中国ソーラーファン・パワー・ホールディングス
(現ハンファソーラーワン)社の株式49.99%を取得

2011年2月

中国寧波のハンファケミカル
ポリ塩化ビニル工場が商業向けに操業を開始

2011年6月

ハンファチャイナが業務を開始

2012年5月

ハンファ建設がビスマヤ新都市プロジェクトを入札(80億USドル)

2012年10月

ドイツのQセルズ(QCELLS)社の買収により、ハンファQセルズが業務を開始

2012年12月

ハンファ生命保険と浙江省インターナショナルビジネスグループの共同事業である中韓人寿保険が業務を開始

2013年1月

WEF(世界経済フォーラム)とソーラーパネルの設置契約を締結

2013年10月

ハンファ生命保険がインドネシアに現地法人を設立

2014年9月

ハンファ資産運用が、中国でジョイントベンチャーを設立

2015年2月

ハンファソーラーワンとハンファQセルズの統合により、ハンファQセルズを設立

2015年3月

ハンファ先端素材が、ドイツの自動車部品メーカーであるハイコスティクス(Heycoustics)社を買収

2015年5月

サムスン総合化学とサムスントタルを買収、ハンファ総合化学とハンファトタルを設立

2015年6月

サムスンテックウィンとサムスンタレスを買収、ハンファテックウィンとハンファシステムを発足

2016年6月

ドゥサンDSTを買収合併し、ハンファディフェンス発足