ハンファQセルズジャパン、 AIカメラ「Wisenet P シリーズ」を日本で発売 ~スマートビデオ監視の新時代AIソリューション~

ハンファQセルズジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:キム・ジョンソ 、以下「当社」)は、2020年5月より、Hanwha Techwin(ハンファテックウィン)社製のAIカメラ「Wisenet P シリーズ」を日本で発売いたします。
ハンファテックウィンは、セキュリティ業界において世界トップクラスのメーカーで製品ブランド「Wisenet(ワイズネット)」を展開しており、この度ハンファグループの日本法人として当社が日本市場で本格展開いたします。
今回発売するAIカメラ「Wisenet PシリーズAI」は、「Wisenet SSM」および「Wisenet Retail Insight v2.0」と組み合わせることが可能であり、最先端AIソリューションを用いた最新のセキュリティパッケージです。

近年幅広い分野でAIを搭載したシステムが普及している中、セキュリティ業界においても、労働者不足や防犯対策の強化等の課題解決を可能にするため、AIカメラの需要が高まっています。AIの活用によってビデオ監視システムを効率化することで、運営の人員や業務負担を削減しながらも、セキュリティの強化を実現します。また、高度な解析技術による属性の分類はマーケティングにも活用でき、多様なニーズに合わせたソリューションの提供が可能です。

このような需要の高まりを受けて当製品は、人と車両をリアルタイムで検出し分類する強力な人工知能(AI)エンジンを搭載し、顔やナンバープレートなど物体の特徴的な属性を正確にとらえると同時に、木の揺れ、ビデオノイズ、影による誤警報を低減します。

「Wisenet PシリーズAIカメラ」は、WisenetのSSMビデオ管理ソフトウェア(VMS)によって完全にサポートされており、堅固なAIスマート検索機能を使用して最適化された信頼性の高いAIソリューションを保証します。

<主な特長>
・カメラが誰かを検出すると、性別、年齢、服の色、眼鏡をかけているのかバッグを持っているのかなど、その人の特徴的な属性をとらえます。この情報は、キャプチャされた映像と一緒にメタデータとして保存され、オペレーターは特定のイベントや物体を介して検索を効率化できます。これは車両にも当てはまり、車、バス、トラック、オートバイ、自転車などを様々なタイプや色に分類できます。
・ベストショット機能は、分類された物体のベストな静止画を取り出し最大4K解像度で出力できます。これらのカットには、物体の特徴的な属性のメタデータも含まれているため、オペレーターはビデオ内の特定の物体を簡単に見つけることが可能です。オペレーターは、フルビデオストリーミングの画像解像度を2メガピクセルに設定するか、ベストショット機能を使用して容量を最小化し、ストレージコストを節約することができます。
・サードパーティのシステムと組み合わせると、AI機能をさらにカスタマイズおよび拡張できます。

当社は、革新的なAIソリューションの導入でサイバーセキュリティの強化を目指すとともに、多様なお客様のニーズにお応えする高品質なセキュリティソリューションの提供を通じて、信頼あるブランドへと成長すべく事業を展開して参ります。